News

最新ニュース


2018.05.15
野球

【野球部】攻守に精彩を欠き勝利ならず

 5月15日、サーティーフォー相模原球場にて東都大学野球2部春季リーグ戦対拓殖大戦(第1戦)が行われた。初回に4点を失った専大は2回に1点を返し、4回から毎回のようにランナーを出すがあと一本が出ず得点には結びつかない。ようやく8回に山田克志(商4・東海大甲府高)がライトスタンドへ2ランを放ち点差を縮めるものの、追い上げることはできずカード初戦を落とした。


〈スコア〉


専 大|010 000 020|3


拓 大|400 000 110|6



〈スタメン〉

1(中)山田克志(商4・東海大甲府高)


2(左)白倉僚(経済2・文星芸大附高) 


3(遊)大庭樹也(経済2・明豊高)


4(右)火ノ浦明正 (経済3・れいめい 高)


5(三)岡本良樹(経営3・専大松戸高)


6(指)龍野瞳依(経済2・佐賀商高) 


7(一)寺澤圭祐 (経営3・検見川高)


8(捕)深水裕貴(経営3・熊本工高)


9(二)福永裕基(文4・天理高)


P   佐藤奨真(経営2・関東一高)ー前田敬太(商2・中部商業高)ー武田龍成(経営3・大曲工高) ー辻二郎 (商2・浦和学院高)


 拓大とのカード初戦で先発のマウンドに立ったのは佐藤奨。11日に登板した試合では6回無失点と好投しており、この日も同じような投球を見せるかに思われたが初回に3者連続四球を与え一死満塁のピンチを背負ってしまう。そして拓大の5番荒谷にカウント1-1で投じた3球目は右中間へと転がり三塁打となり3点を失う。また次の打者を三振に取り、飛び出していたランナーを刺そうとするが送球がランナーに当たってしまいボールが転がる間にホームに生還されてしまう。ここで投手は前田に交代。佐藤奨にとっては悔いの残る結果となった。


 追いつきたい打線は2回に2死3塁とし、7番寺澤のタイムリーヒットで1点を返し反撃を開始する。


  1回途中からマウンドに上がった前田は毎回のようにランナーを出すものの無失点に抑え続ける。最終的に7回途中自責点は0と見事な好リリーフを見せ打線の援護を待つ。

▲好リリーフを見せた前田

 しかし、打線はランナーを出すもののなかなか得点には結びつくことができない。6回と7回は先頭打者が出塁するが、次の打者が併殺に倒れ反撃することができない。守備でも悪送球やパスボールなどミスが目立ち、投手の足を引っ張る形となってしまった。この試合の失点のうち投手の自責点は3点だけだったので守備のミスが勝敗を分けたと言えるだろう。

 結局得点は寺澤のタイムリーと山田克のホームランによる2点と合計3点のみ。最後まで開いた点差をひっくり返すことができなかった。

▲ホームランを放ち齋藤監督(左)とハイタッチをする山田克


 結果的に守備のミスが重なり敗れた専大。選手たちが本来の力を見せれば自ずと勝利を手にすることができるだろう。

▲この日1安打2盗塁と気を吐いた福永 主将としてチームを牽引するその姿で次こそ勝利に導いてくれるだろう


試合後のコメント

 齋藤正直監督

「今日はミスに尽きる。ミスをやりたくてやっている訳ではないが目に見えないチームプレーのミス、ランナーと交錯をしたりボールを後ろに弾くといったミスが5つもあり相手に点を献上してしまった。明日はミスをしないようにしっかりやっていく。」


福永裕基主将

「初回の4点はミスで失った。試合前からやれることをしっかりやろうとということを話していたがリズムが狂ってしまった。攻撃では拓殖大学のピッチャーは似たようなタイプのピッチャーだったのでどのような打撃をするかというかを徹底したかった。(次の試合に向けて)自分たちはどちらかといえば攻撃のチームだと思うので、先に点を取って主導権を握る展開に持っていきたい。一敗して追い込まれたが、ここからはい上がるため先は見ずに明日の一試合勝てるように泥臭く、勝ちを取りにいきたい。」


山田克志

「4点差あったので、ランナーをためて次につなぐことを考えた。来た球を強く振ることを意識しました。今日は走塁でミスが多かったが、皆振れているので結果はついてくると思う。小さく変えるようなことはせず明日につなげたい。」


前田敬太

「(齋藤監督には)点差に関係なく自分のピッチングをしろと言われました。ランナーを出しながらも要所要所で粘れることができた。今後に役立つのでいいと思う。(今後に向けて)もっと調子を上げながら勝利に貢献できるピッチングをしたいです。」


(髙橋玲央・法3、写真も)